もうすぐ3歳になる子供に自転車ではなくストライダーを購入した理由

我が子も2歳8か月となり、3歳間近。

そろそろ補助輪付き自転車でもと思い、購入の検討をしていました。

そして何気に「3歳 自転車」と検索したところ、このようなページを発見してしまい、10分後にはあっさり自転車をやめ、ストライダーの購入を決意してしまいました。

ストライダーについて簡単に説明

ストライダーとは補助輪無し、ペダル無し、ブレーキ無しのタイヤとハンドルだけの自転車もどきの乗り物です。

公式サイトはコチラ

strider

購入したストライダー

見た目だけだと、子供のおもちゃに見えますが、子供の運動神経発達にかなりいいようです。

Youtubeにはこれの大会動画なんかも多数UPされていて、子供はこんなに早く走るのかと驚かされます。

うちの子は走るのは好きですが、それ以外の運動神経が良くなさそうなので、これでバランス感覚と脚力UPに期待します。

さっそく購入しにイオンへGO

こちらでストライダーの販売店を検索し、近所のイオン内にあるムラサキスポーツで販売されていることがわかりました。

すぐにイオンに向かい、実物を拝見。

店員に頼んで子供も試乗車で興味をもったようなので、購入を決めました。

私が買ったストライダーは赤のスポーツタイプです。

あとで人気色を調べてみたところ、赤が1番人気で緑が2番人気でした。

ストライダー本体は13,500円と自転車と同じくらいなのですが、その他にヘルメット、肘膝ガード、手袋も購入したので、総額で約30,000円となりました。

手袋は若干余計だったかもしれません。

ストライダーは最初簡単な組み立てが必要なのですが、お店でやってもらうことも可能とのことだったので、組み立ては店にお願いしました。

そしてストライダー初乗車

強風の中、テンションが上がっている私はさっそく子供を連れて、初乗車させます。

ヘルメットと肘膝ガードを嫌がらずにつけてくれたのは助かりました。

うちの子はこだわりが強いので、少しでもヘルメットが嫌だと感じたら絶対につけません。

だからヘルメットはかっこいいとさんざんおだてます。

IMG_20160515_142114

ストライダー初日なのでできたことはつかまって歩くくらいです。

最初はこんなもんです。

むしろ親のほうがテンションあがりすぎて、押し付けてしまっては元も子もないので、とにかく興味をもたせることに気を使いました。

スマホで動画も撮りました

初日の様子

2日目

少しですが、座りながら漕ぐことができました。

まとめ

とりあえず今回はストライダー購入決意から初乗車までのレポートです。

子供の乗り物イコール「三輪車」→「補助輪付き自転車」のような固定観念がありましたが、ストライダーという新しい発見がありました。

Youtubeで見る他の子どものストライダー動画は関心させられます。

運動神経の悪そうなうちの子が、ストライダーを乗りこなせるようになるのか、そのうちまた経過を報告したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

グロースファクター再生療法