ポケモンGOは実はダイエットアプリだった。ジョギングへのモチベーションがハンパない

7/22にリリースされた噂のポケモンGOを軽い気持ちではじめたところ、なぜか今日(7/24)にはポケストップ巡りを目的にジョギングまで始めてしまいました。

私と同じようになった人がいるのではないかと思い「ポケモンGO ダイエット」で検索してみたところ、ツイッターでかなり同じような人がいることがわかりほっとしました。

せっかくなので、ここではジョギングや自転車でダイエットしたいけど、モチベーションが続かない人に、ポケモンGOをお勧めしたい理由を書きたいと思います。

明確な理由づけになる

ダイエット目的ではじめたジョギングや自転車は、最初の頃ははりきってやりますけど、なかなか継続するのは難しいものです。

私の場合は単純に飽きてしまうんですよね。

日々の記録やら音楽聴きながら走ったりもしましたが、長くても何カ月かで辞めてしまいます。

実は今日走ったのも本当に久々で、たぶん1年以上はジョギングなんてしていませんでした。

走った理由はといえば、

「近所のポケストップを巡って、モンスターボールやアイテムを補充しておきたい」

という、ポケモンGOを知らない人にとっては「ハァ?」となるような理由です。

でも、理由はどうであれ、走ることは健康によいことなので、単に家の中でゲームにハマるより100倍有意義でした。

コースの決め方について

ポケストップを目的としたジョギングのコース決めは単純です。

それは

ポケストップを効率よく回れるルート

を走るだけです。

通常のジョギングと違うのは、ポケストップは5分くらいで復活するので、行った道をそのまま帰ってくれば、帰りもポケストップをゲットすることができてしまいます。

ちなみに私の家の近くでいえば、走って5分くらいのところに大き目の公園があり、外側を回れば、片道7個のポケストップをゲットすることができます。

pokemonmap

ポケストップ以外にもメリットが

ポケモンGOは歩いてなんぼのゲームですので、ジョギングの途中でモンスターもゲットできますし、卵ふかの為の距離も稼ぐことができます。

アプリを起動したまま、スマホを手に持って走れば、画面を見なくても振動でモンスターの出現はわかりますので、危険もありません。

ゲームが暇つぶしから有意義な時間へと変わる。しかも無料

スマホゲームといえば、パズドラを3年くらいやっていますが、ダイエット+ゲームというのは中年太りしている私にはぴったりかもしれません。

ポケモンGOはスマホさえ持っていれば、基本は無料で遊ぶことができます。

車で行けばいいんじゃ?

実は今日の昼間用事があって、帰りに同じようなルートを車で巡ってみました。

しかし、車だとなんか作業みたいになってしまってあまり良くなかったですね。

また、夕方には自転車でも走ってみました。

自転車だと運動にはなりましたが、いちいちポケストップごとに止まって、ポケットからスマホを取り出すという動作が面倒くさかったです。

ジョギングで巡るのが一番楽しかったですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

グロースファクター再生療法