PE-BANKのマージン(手数料)について

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s

フリーランス向けのエージェント経由で仕事をすると、企業から支払われる報酬から何パーセントという形でマージンが取られのが通常です。

ここでは私が所属しているPE-BANKのマージンについて解説していきます。

報酬受け取り回数で変わる手数料率

PE-BANKのホームページをチェックしてみたのですが、よくわからない書き方がされていました。

pebankmargin

手数料率は報酬を受け取る回数で変わります。

1~12回目…12%

13~24回目…10%

25回目以降…8%

リアルな金額で表してみましょう。

報酬額が月額固定で648,000円(消費税込み)の場合、以下のようになります。

あなたが受け取る金額 PE-BANKが受け取る金額
1~12回目 570,240 77,760
13~24回目 583,200 64,800
25回目以降 596,160 51,840

いかがでしょうか。この手数料を高いと思うか、安いと思うか。

ただ、上記の金額から毎月引かれるものがありますので、その点も解説しておきます。

PE-BANKの所得税積立金制度は強制加入

PE-BANKには所得税積立金制度というものがあり、これは強制加入となります。

個人事業主は毎年確定申告しなくてはならないので、PE-BANK所属のエンジニアが所得税の支払い時期にお金が無い状態を防ぐ為の制度です。

報酬額の5%が所得税積立金となり、毎月PE-BANKにプールされていき、翌年の3月か4月に払い戻しされます。

この制度は別にPE-BANKにお金を取られる訳ではありません。ただ、毎月の報酬からそれだけ引かれるという事を認識しておいたらよいです。

まとめ

個人的にはPE-BANKのマージンはそれほど高くは感じません。

PE-BANKも企業ですので、利益を上げなくてはいけないので、お互い共存する為に必要な経費と割り切ればいいかなと思います。

エンジニアのプロ契約なら【Pe-BANK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

グロースファクター再生療法