エンジニア(プログラマ)が札幌で転職するならフリーランスを目指すべき





この記事は札幌で転職を考えているプログラマ、SE、エンジニアの方にむけた記事です。

特に派遣系のエンジニアをしている方には知ってほしい内容です。

ITエンジニアは転職しやすい?

ITエンジニアは他の職業に比べて転職がしやすい職業だと思います。

理由はどの会社に所属していても、受注開発であれば基本はどこかのプロジェクトに所属して設計~製造~テストという工程を行うことがメインの仕事だからです。

つまり、自社サービスの開発でない限りどの会社にいてもやるべき仕事はあまり変わらないのです。

フリーランスエンジニアという選択肢

ITエンジニアの方であれば、一度はフリーランスという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

私もいつだったか忘れましたが、会社員プログラマになってからはいつかはフリーランスという意識は常にありました。

会社員時代には何度か知人の仕事を手伝って、いくらかの報酬をもらったりもしていました。

いつしか、フリーランスという言葉も知って検索して、実際にどういう働き方があり、社会的立場はどのようなものかまで知るようになりました。

フリーランスというものは最初は技術力が人よりも優れているごく一部の人だけがなれるものだと思っていました。でも、実際はそうでもありません。人並みに仕事ができればなれる環境があります。

実際、今は自分がフリーランスエンジニアとして働き、そして生活できています。

フリーランスエンジニアになるとは

フリーランスとは社会的には個人事業主です。

税務署に個人事業主の開業届を出せば、なることができます。

会社員として生活していた人が個人事業主になるのは簡単ですが、そこからエンジニアとして安定した仕事を取って来れるかというとそれはなかなか難しいことだと思います。

ただ、今の時代はランサーズをはじめとしたクラウドソーシングというネット上で完結できる仕事もありますので、いきなり収入が0になることはないでしょう。

ただ、クラウドソーシングの現状は仕事の単価が安く、それだけで生活するには難しいものがあるかなというのが私の感想です。

副業でやりたい人には良いかもしれませんが。

PE-BANKを使えばフリーランスになるのは簡単

私がどのようにしているかというとPE-BANKという会社に仕事を紹介してもらい、企業に常駐しています。

PE-BANKの詳細はまた別の機会に紹介するとして、かんたんにメリットだけあげます。

仕事を選べる-自分が得意としている分野、または挑戦してみたい分野を希望することができます。

副業を規制されない-会社員ではありませんので、常駐以外の時間でビジネスすることも可能です。個人事業主が一箇所の収入源に頼るのは怖いので、リスク回避の為にも複数の収入源は必要だと思います。

会社内のしがらみは関係ない-仕事上の人間関係の悩みはないです。あくまで外部戦力ですので、やるべき仕事さえやっていれば問題ありません。

もちろんデメリットが0ではありませんが、私がそうであったように会社員よりフリーランスの方が向いているタイプの人もいます。

もしPE-BANKについて知りたいことがありましたら、なんなりとコメント欄からお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 佐藤 芳憲 より:

    初めまして。札幌のエンジニアです。

    いろいろ調べているうちにこちらに辿り着きました。

    家族が増え、今の職場の給料では物足りないのでフリーランスへの転向を考えています。

    フリーランスでやっていくことについていろいろお伺いしたいのですが。

    ・業界歴8年で言語はJava、Php、Swiftを主にやってきてWebからアプリまでいろいろな案件に携わってきました。Webの案件では設計から試験まで行ってきました。普通に仕事をすることはできると思います。しかしながらどこか秀でたものがあるかというとそうではないと思います。こんな自分でも仕事があるものでしょうか。仕事を貰うためのポイント、続けていくためのポイントなどありますでしょうか。

    ・フリーランスになってから仕事をもらえるまでどれくらい期間がありましたか。何か準備などしましたか。

    ・困ったことなど何かありましたか。

    突然で申し訳ありませんが、可能であればご教示いただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

    • 斉藤 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      上から順に返答いたします。

      ①PE-BANKに所属してやっていくのであれば、まったく問題ない経歴です。佐藤さんの年齢がわかりませんが、現場には50代の方も普通にいます。
      仕事をもらうポイントは自分の経歴をしっかりアピールすることだと思っています。
      仕事内容は現場によって様々なので、他の人とうまくやっていける普通のコミュニケーション能力があれば良いです。

      ②会社員の時にPE-BANKの担当の方と、現場の決定までしてから会社を辞めたので、空白期間はありませんでした。
      準備といえば、個人事業主として必要な手続きを行ったくらいです。

      ③PE-BANKから報酬が振り込まれるまでに2ヶ月くらいが空いてしまうので、その間無収入だったのが少し困りましたね。

      もしよろしければ、PE-BANKの担当の方をご紹介しますよ。私も最初は話しを聞きに行っただけで、勧誘みたいな事はぜんぜんされませんでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

グロースファクター再生療法