私が東プレのキーボードREALFORCEを2台も購入した理由

RealForce

プログラミングをメインに仕事している身としては、使用するキーボード、マウスによって作業効率は大きく変わってくると思っています。

特にキーボードというものは自分の思考をコンピュータに反映する仲介を担う機器なので、ここがスムーズにいかないと余計なストレスをかかえることとなります。

私は3年ほど前に東プレのリアルフォース(REALFORCE)というキーボードを購入し、主に職場で使っていました。

そして今回新たに同じのをもうひとつアマゾンで購入しました。

なぜ2台目を買ったか

私は家ではアフィリエトをしている為、文字の入力頻度が高いです。

パソコンはThinkpad E420というノートPCを使用しており、Thinkpadなのでキーボードの質は他のノートより悪くはないのですが、一部のキーは特殊な形状をしているのでその時に目で見て確認して打つことにストレスを感じていました。

今後もアフィリエト記事作成などの入力作業は続くので、16,000円くらいする高級キーボードではりますが、投資することにしました。

また、私はフリーランスなので、経費でつけれるというのも購入の後押しとなりました。

REALFORCEと安物キーボードの違い

リアルフォース(REALFORCE)と安物キーボードの大きな違いはキーが押されたか押されなかったかがはっきりわかるところだと思います。

PCに最初から付属している普通のキーボードは押した感じがやわらかい(グニャっとする)ので、押ささったのかどうかがはっきりしない時があります。

一方、リアルフォース(REALFORCE)であればキーがまっすぐ降り、入力がスコっと決まるので押した押さなかったがはっきりしています。

ささいなことに一日中キーボード入力を行うことを仕事にしている人にはこの差をわかっていただけるのではないかなと思います。

リアルフォース(REALFORCE)のメリット

リアルフォース(REALFORCE)を使うメリットとして、入力効率UP以外に、圧倒的な疲労感の違いがあります。

自分が思ったとおりのキー入力がストレスなくできるというのは、キー入力に関わる時間が長ければ長いほど、披露感に差が出てきます。

パソコンではありませんが、例えば、スマホのフリック入力でプログラムコードを打つ気になりますでしょうか?

私はなりません。

フリック入力は日本語の予測変換が便利なので、メールの文章を入力するのにむいています。

メールの文章に限れば、キーボード入力より早く打てる人もいると思います。

結局プログラミングの仕事はキーボード入力が多くなります。そのキーボード入力がストレス無く行えるというのは、キーボードの金額以上に大きなアドバンテージとなります。

安物キーボードを使いつづけるエンジニア

まず、一般の人の感覚としてたかだかパソコンのキーボードに16,000円もかけるというのはなかなか理解しにくいと思います。その感覚は正解で、ほとんどネットしかしないようであれば必要ありません。

逆にソフトウェア開発のエンジニアが安物キーボードを使用しているのは理解できません。

これを他の職業に例えると、美容師がホームセンターで売っている2,000円くらいのハサミを使っているようなものです。

でも、私が今まで見てきた感じでは、きちんと自分用のキーボードを使用している社員はせいぜい20人に1人くらいです。

少しでも効率化が求められるソフトウェア開発において、お金で解決できるところに投資しないということは、プロとしての意識が欠けているとしか思えません。

リアルフォース(REALFORCE)のコストパフォーマンス

リアルフォース(REALFORCE)はテンキー付きのタイプ約20,000円。テンキー無しのタイプで約16,000円します。

数値入力の機会が少ないのであれば、テンキーが無いタイプのほうが安く、場所もとらないのでおすすめです。

先にも書きましたが、キーボードにしては高いですが、IT関連の仕事をしている方であれば、安い投資です。

ちなみにこの前知ったのですが、現在は静音タイプというタイプも出ているようですね。

キーボードは毎日長時間使うものです。そうそう壊れるものではありません。

私は職場用と自宅用の2台同じものを購入しましたが、買って本当に良かったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>