オンライン英会話「Native Camp」体験67~68日目

67日目 Free Conversationおさらい Lesson13

講師:Charlie

nativecamp_67_1

選びたい講師が3人いる中、Charlieだけが空いていたので選択。

週末に行った白い恋人ファクトリーの写真を見せて話しがはずみました。

最初は単に「チョコレート工場に行ってきたんだ」と説明しただけですが、Charlieはこれはどこなのか、クッキーはうまいか?などと食いついてきます。

自分が体験したことを説明すればいいだけですが、いまだになかなか難しいですね。

ただ、どこぞのサイトに書いてあったのですが、とにかく自分が思っていることを伝えることが一番。英語の文法は下手でもいいので、話すほうがいいそうです。

nativecamp_67_2

無駄話しが過ぎて残り13分くらいになったところでレッスンを催促します。

今日はFree Conversationにしました。

お題の「Can you sing well?」からカラオケ話しにもっていきました。

強調したかったのはLiveDamの精密採点が好きで行っているという点です。

Googleの画像を見せたところ、フィリピンのカラオケ採点の画像を見せてくれました。こちらは精密採点のように小数点がなく、アバウトですね。

nativecamp_67_3

68日目 Free Conversationおさらい Lesson14,15

講師:Charlie

nativecamp_68_1

Charlieにこだわるつもりはないのですが、今日も見た時に空いていたのがCharlieのみだったので選択。

冒頭で先日の話の流れから、私が精密採点で90点を越えた時の画像を用意しておきました。

まぁ、これだけ見せられても話しを膨らませるのは難しいわけで、

「89点なら普段から取れるか?」

と言っていました。

nativecamp_68_2

Free Conversationのお題は「今週何をしなければならないか?」

とりあえず髪切りに行かなくてはならないと話しておきました。

3分ほど時間が余ったので、ここぞとばかりに意表をつきにいきました。

私「Angel講師に会ったことはあるか?」

Charlie「ある。なぜ?」

私「Angelはあなたのことを美しい講師だと3回くらい言っていました。」

と伝えると照れてダウンしていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>