札幌で活動するPE-BANK所属のフリーランスエンジニアです。PE-BANKの事とオンライン英会話をメインに情報発信しています。

フリーランスな日々

PE-BANK PE-BANKの報酬に関わる話し

PE-BANKの手数料は12%から始まり3年目以降は8%

更新日:

PE-BANKのマージン

PE-BANKから案件を紹介してもらったところで作業する場合、毎月PE-BANKへ支払う手数料(マージン)が発生します。

 

手数料というのは、企業から支払われる報酬から数パーセントをエージェントの会社に徴収される金額のことを言います。

 

この手数料という考え方はPE-BANKに限らず、他のフリーランス向けエージェントを使っても同じです。

 

今回は私が所属しているPE-BANKの手数料について解説していきます。

PE-BANKの手数料は3年目から一番安くなる

簡単に言ってしまうと、最初は高いけど、3年目からが一番安くなり、以降は変わりません。

 

手数料を調べるにあたって、PE-BANKのホームページをチェックしてみたのですが、よくわからない書き方がされていました。

 

pebankmargin

ですので、代わりに解説します。

 

手数料率は報酬を受け取った回数で変わります。

 

PE-BANKに所属したばかりだと12%と最も高く、3年目以降は一律8%となります。

 

少しややこしいのが、手数料率は年数や月数ではなくて、報酬を受け取った回数で決まるという点です。

  • 1~12回目…12%
  • 13~24回目…10%
  • 25回目以降…8%

金額で表現してみた

リアルな金額で表してみましょう。

報酬額が月額固定で648,000円(消費税込み)の場合、以下のようになります。

あなたが受け取る金額 PE-BANKが受け取る金額
1~12回目 570,240 77,760
13~24回目 583,200 64,800
25回目以降 596,160 51,840

 

いかがでしょうか。

この手数料を高いと思うか、安いと思うかは人によると思います。

 

個人的には25回目以降までなると、企業は個人事業主を信頼して継続してくれているので、PE-BANKが間に入る必要はないんじゃね?とも思います。

 

上記の金額から別途毎月引かれるものがありますので、それも解説しておきます。

 

報酬が支払われるサイクルについてはこちらを参照してください。

PE-BANKの支払いサイトについて

今回はPE-BANKの支払いサイトについて書きたいと思います。 記事を書く前にPE-BANKの公式サイトを確認してみたのですが、ぱっと見、見つけられませんでした。 目次1 PE-BANKの支払いサイト ...

続きを見る

 

所得税積立金制度による天引きに注意

PE-BANKには所得税積立金制度というものがあり、これは強制加入となります。

報酬額から5%天引きされますので、注意しましょう。

PE-BANKの所得税積立金制度は強制加入
PE-BANKの所得税積立金制度は強制加入

PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして活動する場合、所得税積立金制度というものに必ず加入することになります。 簡単に説明すると、毎月の報酬の一部を強制的に積み立てて、確定申告の時期に払い戻す ...

続きを見る

 

まとめ

個人的にはPE-BANKのマージンはそれほど高くは感じません。

PE-BANKも企業ですので、利益を上げなくてはいけないので、お互い共存する為に必要な経費と割り切ればいいかなと思います。

PE-BANKからもらえる報酬についてはこちらの記事を参考にしてください。

PE-BANKの報酬
私がPE-BANKから受け取っている報酬明細を公開します

よく「フリーランスのエージェントに登録すれば年収がアップする」と言われていますが、実際の報酬明細を公開している人は見たことがありません。 本当のところどうなの?というのは気になる部分だと思いますので、 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 北海道札幌市在住。 会社員としてソフトウェア開発を約13年経験後、PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして独立。 その2年半後に法人成りし、合同会社を設立。 現在は企業に常駐してソフトウェア開発をしつつ、収益を目的としてWebサイト作成、セミナーを開催している。

-PE-BANK, PE-BANKの報酬に関わる話し

Copyright© フリーランスな日々 , 2018 All Rights Reserved.