札幌で活動するPE-BANK所属のフリーランスエンジニアです。PE-BANKの事とオンライン英会話をメインに情報発信しています。

フリーランスな日々

ライフハック

本を安く買う方法。ブックオフのコスパは異常に高いと思う

更新日:

ブコフ

みなさん、ブックオフ行っていますか?

私は以前は副業でせどりをやっていたこともあり、ブックオフ経験は多い方です。

今はせどりはしていませんが、それでも週一でブックオフには行きます。

私が思うブックオフのメリットについて書きます。

ブックオフの一番のメリット

ご存知のとおり、通常ビジネス書は新品だと1,500円くらいします。

よく自己啓発関連の書籍では「本への投資は惜しまないこと」みたいなことが書かれていますが、普通の会社員であれば、書籍に投資できる金額はせいぜい1~2万円くらいではないでしょうか。

しかもビジネス書なんて3時間くらいあれば読めてしまうので、新刊を購入する時は、購入前に吟味してしまいます。

その点、ブックオフの108円コーナー本であれば、失敗しても痛くありません。少しでも気になった本があればどんどん購入することができます。

 

ブックオフではどのような本を買うべきか

私がブックオフで購入する本のジャンルは主にビジネス書です。また、ブックオフで見るべき棚は108円コーナーです。

108円コーナーであっても、1~2年前にAmazonとかで高ランクをとった本なんかもよく置いてあります。

発売当時有名な本はたくさん売れた分、中古本市場にも多く入ってくるのが理由だと思います。

新刊発売当時に読まなければ意味をなさない本というのはほとんど無いのではないでしょうか。

そう考えると新刊1冊よりも、108円本15冊のほうが、有用な本に当たる確立が高いというのが私の持論です。

 

108円で購入した本はそのまま売れます

ちなみにブックオフで108円で購入した本をブックオフの買取に持っていっても何の問題もなく買い取ってもらえます。値札シールをはがす必要もありません。

買取金額はだいたい5~20円です。ただ、本自体が汚い場合は金額がつかないこともあります。

買取時に必要な物は身分証明書だけです。私は免許証を出しています。

 

まとめ

ブックオフの108円コーナーは非常に有用だと思います。

特に本にあまりお金を掛けられなくて、ブックオフに行ったことが無いという方には是非一度足を運んでみることをおすすめします。

私自身も本を読むという週間はほとんど無かったのですが、せどりという副業を通して、ブックオフの有効性に気づきました。

ブックオフは店舗数はかなり多いので、もし近所にブックオフがあるのであれば、一度行ってみることをおすすめしたいです。

 

  • この記事を書いた人

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 北海道札幌市在住。 会社員としてソフトウェア開発を約13年経験後、PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして独立。 その2年半後に法人成りし、合同会社を設立。 現在は企業に常駐してソフトウェア開発をしつつ、収益を目的としてWebサイト作成、セミナーを開催している。

-ライフハック
-

Copyright© フリーランスな日々 , 2020 All Rights Reserved.