札幌で活動するPE-BANK所属のフリーランスエンジニアです。PE-BANKの事とオンライン英会話をメインに情報発信しています。

フリーランスな日々

ITエンジニアの働き方について フリーランスエンジニア

プログラマが札幌で転職するならフリーランスという選択肢も知っておくべき

更新日:

5f2d7a66c1eca706ad713bd6e2fce83d_s

派遣や正社員プログラマが転職を検討する時、まず他社の正社員を探す方が多いのではないでしょうか。

私も正社員時代に札幌市内で何度か転職を試みましたが、その時は正社員以外の選択というものに考えがおよびませんでした。

 

しかし、今の時代はフリーのエンジニア(個人事業主)向けに仕事を斡旋してくれる会社が多くあります。

⇒独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

フリーランスエンジニアという選択肢

プログラマの方であれば、一度はどこかでフリーランスという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

私も会社員のプログラマになってからというもの、いつかはフリーランスという意識は常にありました。

 

会社員時代は何度か知人の仕事を手伝い、給料以外にも収入を増やす努力をしていました。

フリーランスという言葉を知ってからはネットで検索して、実際にどういう働き方があり、社会的立場はどのようなものかまでは理解するようになりました。

 

はじめはフリーランスというものは、技術力が他の人よりも優れているごく一部の人だけがなれるものだと思っていました。

 

でも、実際はそうではありませんでした。

人並みに仕事ができる能力さえあればなれる環境があったのです。

 

フリーランスエンジニアになると収入は上がる

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

フリーランスになると社会的には個人事業主になります

税務署に個人事業主の開業届を出せば、すぐになることができます。

 

個人事業主になるのは簡単ですが、そこからエンジニアとして安定した仕事を取って来れるかというとそれはなかなか難しいことだと思います。

 

しかし、先ほどあげたような仕事を斡旋してくれる会社と契約すると、常駐案件となりますが、すぐに仕事が見つかるでしょう。

 

札幌のITエンジニアの単価はだいたい50万円くらいです。

残業がある現場だと、その分さらにプラスされます。

 

多くの方は正社員よりも収入は増えるでしょう。

 

札幌ならPE-BANKと契約すれば仕事には困らない

私自身がPE-BANKしか使ったことがないので、他社の事はわかりません。

ただ、PE-BANKの担当の方は、エンジニアが足りていないと常々言っているので、売り手市場と言えます。

売り手市場であれば、仕事は選べるし、単価も交渉次第で50万円以上もらうことも可能です。

 

PE-BANKを利用するメリットは以下のとおり。

 

仕事を選べる-自分が得意としている分野、または挑戦してみたい分野を希望することができます。

 

副業を規制されない-会社員ではありませんので、常駐以外の時間でビジネスすることも可能です。個人事業主が一箇所の収入源に頼るのは怖いので、リスク回避の為にも複数の収入源は必要だと思います。

 

会社内のしがらみは関係ない-仕事上の人間関係の悩みはないです。あくまで外部戦力ですので、やるべき仕事さえやっていれば問題ありません。

 

もちろん個人事業主のデメリットが0とは言いませんが、私のように会社員よりフリーランスの方が向いているタイプの人もいます。

 

まとめ

ITエンジニアであれば、必ずしも正社員である必要はありません。

むしろ、たくさん稼ぎたいという野心がある方はフリーランスのほうが向いています。

 

  • この記事を書いた人

斉藤 貞義

プロミディア合同会社代表。 北海道札幌市在住。 会社員としてソフトウェア開発を約13年経験後、PE-BANK所属のフリーランスエンジニアとして独立。 その2年半後に法人成りし、合同会社を設立。 現在は企業に常駐してソフトウェア開発をしつつ、収益を目的としてWebサイト作成、セミナーを開催している。

-ITエンジニアの働き方について, フリーランスエンジニア
-,

Copyright© フリーランスな日々 , 2018 All Rights Reserved.